■ホーム ■診療のご案内 ■院長のプロフィール ■ご来院のしおり ■専門分野 ■リンク集 ■院長の日記
烏丸御池中井クリニック(京都市中京区)
  5.仮面高血圧
コラムの目次
当クリニックの目指すところ
1. 摂食障害について
2. 仮面うつ病について
3. 肥満について
4. 糖尿病について
5. 仮面高血圧について
6. ED(勃起不全)について
7. 不眠症について
8. 過敏性腸症候群について
ホームページへ戻る
仮面高血圧について

 最近の研究から、病院で測る外来血圧に加えて家庭で測る家庭血圧が心臓病や脳卒中の予防に大切であることがわかってきました。コントロール良好な血圧の値は、外来血圧で140/90 mmHg、家庭血圧で135/
85 mmHgです。 
家庭血圧は正常なのに外来血圧が高い場合、白衣高血圧といいます。ストレスを感じやすい人に多く見られ、多くはいわゆる自律神経失調症を伴っています。一方、家庭血圧計の普及により外来血圧は正常でも家庭血圧の高い人がいることがわかりました。これを仮面高血圧といい注目されています。
 なぜなら、高血圧、糖尿病、不整脈は脳卒中の三大危険因子です。脳卒中は早朝に多発します。ですから、血圧の高い人は、家庭血圧計により自宅で朝の血圧を測定する必要があります。またすでに血圧を下げる薬を飲んでいる人でも病院で測った血圧が下がっているからと安心してはいけません。半数以上の人が朝の血圧は高いままだと言われています。
 当クリニックでは、診察室で血圧を測定するだけでなく、家庭での血圧測定を重視した血圧管理を指導しています。

Copyright 2005-2014 Karasuma Oike Nakai Clinic. All right reserved.
Produced by Mariaplanning.
■ホーム ■診療のご案内 ■院長のプロフィール ■ご来院のしおり ■専門分野 
■リンク集
 ■院長の日記
■諸情報(特定商取引法関連、個人情報保護、著作権、商標等、リンクポリシー)